家族葬とはどういうものか

最近流行りの家族葬儀を知っていますか?

家族葬というのは遺族や本当に親しい人だけで葬儀を行うことです。
たくさんの人を呼ばずに家族や親しい人だけで故人を心から偲ぶというものです。
家族葬の葬儀はメリットが大きいものがありますが、これまでの通常の葬儀とは少し異なっているため、行う上では注意が必要です。

家族葬はメリットの多い葬儀形式

家族葬のメリットはまず葬儀にかかる費用の面でかなりリーズナブルにできるという点です。
葬儀の会場も小さな部屋のような場所で行いますし、参列者の数が少ないので飲食費用や返礼品の費用も減ります。
また祭壇やお棺なども控えめなものにすることが多いので葬儀一式の費用も一般的なものと比べて少なめです。
それに宗教にこだわらず行うことができるのも良いところです。
しかし納骨や後々の法事のことを考えると菩提寺が関係してくることもあるので、親族や家族と話し合ってから決めるのがベストです。

故人の友人、知人への伝え方と対応

家族葬儀は親しい人だけの葬儀ではありますが、お香典や供花をいただくということもあります。
またそれをお断りすることもできますが、その場合は会葬礼状に香典は辞退しますということを書いておくと、先にそちらを渡すことでさりげなく伝えることができます。
流れとしては葬儀の打ち合わせの後、通夜や葬儀の日程を菩提寺や参列してもらう親族、知人などへ連絡を入れます。
それから故人の遺体を納棺して準備が整ったら通夜を行い、葬儀や告別式をして火葬を終えたらお墓に骨をおさめます。

コンパクトで心のこもったお葬式が上げられます

ゆっくりと親しい人だけで故人の思い出話をしながら過ごすこともできるので、故人との別れをしっかりと受け止めて送り出すための心の準備をしやすいです。
家族葬にかける費用は地域などによっても多少の違いはあるものの、40万円から100万円ほどで祭壇など葬儀一式をそろえることが多いです。
葬儀を行ってもらう時には最初から最後まで同じ担当者に担当してもらうことがベストです。地域のことに詳しい葬儀社を選ぶこともポイントです。

新着一覧

最近の投稿

Copyright(c) 2013 バヨナ東京生活 All Rights Reserved.